一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • by スポンサードリンク

2012年4月東京に異動になりシェアハウスをスタートして
2014年3月末に会社を退職しシェアハウスも解散して
実家のある関西に戻ってきました♪

東京の私の思い出は、最初から最後まで
このシェアハウスを中心に在ったんだなあと思うと、すごく感慨深い。
本当に素敵な2年間をありがとうございました。

と、いうわけで
東京入谷シェアハウスnoie、心からの感謝を込めて華やかに解散!!



※noieの詳細:http://footprints-note.com/noie



『 押えておきたいシェアハウス関連の情報 』
http://matome.naver.jp/odai/2135805596574577501

NEVERでまとめてみました。のPart2!
私の場合『他人と空間をシェアする楽しさ』を知ったのはゲストハウスがきっかけでした。
でも調べて行くうちに「住む」と「泊まる」に大きな環境や運営の違いはありますが
シェアハウスにも自分の勉強要素はたくさん潜んでいるような気がしています。

東京で開催されるシェアハウスのイベントに参加させていただいたり
自分が開催したイベントを通して、ひつじ不動産さんの方と知り合えたり
他シェアハウスのイベントでシェアハウスポータルサイトcolish代表さんと知り合えたり。
そうしているうちに、これは押えておきたい情報として拡散したい情報だと思ったものが
いくつかあったのでまとめてみました。

2012年4月から大阪支社より東京本社へ異動となった私も
シェアハウスを実施して、もうすぐ丸2年を迎えます。

実施と言っても、ツイッターなどで声を掛けて集まった4名で
家賃も平等に割っているだけなので、特にシェア事業ではありません。
物件はファミリータイプの築6年の綺麗な3階建て一軒家なので暮らしやすい。
うちのシェアハウス『noie(ノイエ)』についての詳細は下記にて♪


http://footprints-note.com/noie

 

2012.01.07 だり見学
【住所】 〒601-8044 京都府京都市南区東九条明田町7番
【連絡先】 075-681-5656
今回は、ゲストハウス番外編part2として
京都の注目の大型デザインホテル型シェアハウス
HOTEL ANTEROOM(アンテルーム) KYOTO』さんへお邪魔してまいりました♪
何を隠そう今回は私だり自身がシェアハウスを検討しており
その1候補としてアンテルーム京都さんを見学させていただきました♪
京都駅から1駅南側にあるアンテルームさんは2011年春にオープンしました♪
洗練されたデザインは今迄のシェアハウスのイメージを覆します!
なんと「ホテル」と「シェアハウス」の両方の機能を兼ね備えた
ホテルと住居の一体化”をコンセプトとするこの建物!
ホテル61室、シャアハウス(アパートメント)部分50室!
シェアハウス側は家具あり家具なしの部屋が存在し暮らし方を選択できます♪
お部屋は全て個室。自分である程度のアレンジができる綺麗なビジネスホテル
という感じに近いかも。ホテルに暮らすっという感じ。
レストランもついていてお食事が出来たり、クリーニングを受付でお願いできたり
ホテルとしての機能も利用できちゃう変わったシェアハウス♪
 ↑ 京都駅から徒歩12分、九条駅から徒歩5分♪アンテルームさん登場
 ↑ どーんとした姿。迫力満点!
 ↑ エントランス内はこんな感じ。ギャラリーとかしてます。
 ↑ エントランスから待ち合い室、共有スペースをくるりと囲むお庭的空間。
 ↑ 待合室。右側がロビー。
 ↑ 待合室のソファー席。大きな銀のトランクがテーブル!
 ↑ レストランスペースもあります。
 ↑ 共有スペース。ホテルの人も住まう人も使える間。
 ↑ ここではイベントもあるよう。
 
 ↑ DJブースもあります♪
 ↑ ホテル側の廊下。
 ↑ ホテル側のランドリー。シェア側には各階にランドリーが。
 ↑ シェアハウス側の共有ダイニング♪
 ↑ シェアハウスの人はここでお料理やミニパーティをしているそう。
 ↑ シェアハウス側の廊下。
 ↑ お部屋はこんな感じ♪ 小さな台所とお風呂なども付いてます。
ここから隠れた見所をお話しちゃいます♪
シェアハウス専用の入り口から入ると足下のアスファルトに猫の足跡が…w
点々と続く足跡(正確にはアスファルトに付いた足跡のくぼみ)は
この建物を買い取った時点ではじめから付いていたのだそう。
オシャレさの中にこんなほっこり感がある…このギャップは憎い〜♪
大阪で働く私が本気で京都でシェアハウス考えてしまうくらいの
シャレオツで各個人スペースが確保された社会人向けシェアハウス!

大きな地図で見る

2011.10.05-06 だり訪問 with ふじたく・やーしゃ・はるぴ・みっちゃん

【住所】 東京都新宿区大久保1−1−10
【WEB】 http://www.realrole.jp/gunkan/

今回は、ゲストハウス番外編として
2011年12月23日(金)、あの有名な大型シェアハウス
『軍艦マンション』さんへお邪魔してきました!!

※シェアハウスとは一般的には下記の意味合いで用いられることが多いです。
ゲストハウス⇒1泊からOK、どちらかというと「泊まる」という感覚
シェアハウス⇒1週間からの宿泊、どちらかというと「住む」という感覚。

軍艦をモチーフとしたデザインが施されている地上14階地下1階建ての建物。
これは、建築家・渡邊洋治さんの代表作として今も残る建築物なのです。
現在中は事務所と共同住宅(シェアハウス)として使用されています。

シェアハウス部分は、個人個人の部屋が完全独立しており
バス・トイレ・台所・洗濯場などが共有として設けられています。



 
 ↑ エントランス!



 ↑ 屋上!ここがかなり軍艦っぽい!



 ↑ 景色が良い〜



 ↑ 共有スペースは非常に広々設けられています。



 ↑ 共有スペース



 ↑ 共有スペース



 ↑ 大型テレビも完備



 ↑ ここも共有



 ↑ シアタールームもあります。


案内してくれたふじたく&やーしゃさんありがとう!!

「空間を共にすることを楽しむ」という意味では
ゲストハウスとシェアハウスは根幹で非常に近いところがあります。
手段が短期か長期か、泊まるか住むかと違うだけ。
シェアハウスには友達同士でルームシェアするものや
大手企業が事業として運営するものもあります。
これからもシェアハウスにも注目ですね♪


大きな地図で見る

1

Search

Profile

selectedentry

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

Other

 

Powered

みんなのブログポータル JUGEM

PR